タパジョスを見てくれる人がたくさんいましたので「南米の川」シリーズにします!

今回はアマゾン川最大の支流、マデイラ川です。

マデイラ川 (英語表記)Rio Madeira

 

南アメリカ中部、アマゾン川中流部南岸の支流。
ボリビアとブラジルの国境に沿って約100km北側に流れ、アンデス山脈に発するマドレ・デ・ディオス川、ベニ川、マモレ川などが合流してマデイラ川となる。
最長のマモレ川源流からアマゾン川との合流点までの長さは約3500キロメートル。
流域面積は136万平方キロメートルあり、アマゾン川の支流のなかで最大。流域はブラジル、ペルー、ボリビアの三国に広がる。
アマゾン川との合流点より約1200キロメートル上流にブラジルのロンドニア州の州都ポルト・ベーリョがある。ここより上流約350キロメートルの区間、硬い古期岩類の地帯を横切って流れるため、滝や早瀬が多く河川航路が中断される。
サンタ・クルス・デ・ラ・シエラからクスコに至るアンデス地域からは北西方向に、ブラジルマットグロッソ州全域からは南西方向に、チキトスからは北方向に降雨を集め、グアジャラミリン (Guajará-Mirim)付近でマデイラ川に集まる。この総流域面積は850,000km2[1]で、フランススペインの面積を併せた大きさに匹敵する。マデイラに流入する主な河川としては(東から西の順に)グアポレ川(イテネス川)、バウレス川、ブランコ川、イトナマ川(サンミゲル川)、マモレ川ベニ川、マユタタ川(マドレ・デ・ディオス川)があり、これらの川はさらに数多くの支流からなる。

 

 

マデイラ川上流の支流域は広々としたモホス (Mojos) 平野とベニ平野で、9万km2程度の地域が3-4ヶ月に渡って1m程度水没する。

雨期には水位が15m以上も上がり、海洋航行船が河口から1,070km上流のポルト・ヴェーリョ近くのサンアントニオ滝まで遡上できる。しかし6月から11月の乾期には2m程度の水位になるため、航空機で行き来することになる。

熱帯雨林におおわれた流域は,川岸のところどころに人が住むだけであるが,1970年代後半になって初めて人工衛星を使って地図化された。

 

全長3,380km
流域面積: 1,420,000 km²
河口: アマゾナス川
周辺都市: ポルト・ヴェーリョ
橋: Bridge Over River Wood
水源: マモレ川、 マドレ・デ・ディオス川
 

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典
Water and Salt Balances of the Bolivian Amazon, UNESC

BBC News Online. 2007. Brazil gives Amazon dams go-ahead. 10 July. Available from: http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/6286804.stm. Accessed 16 July 2007.

Kmusser – Own work using Digital Chart of the World and GTOPO data., CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=4747559による

水槽で再現したくない色です笑

マデイラ川に生息するコリドラス(日本名)

コリドラス・ピグマエウス

コリドラス・ムスス

コリドラス・ダイジョウブダエ

コリドラス・グラキリス

コリドラス・ザワツキー

コリドラス・マディラマニコレ

コリドラス・ブリットイ

コリドラス・パヴァネリアエ

コリドラス・クナーキ

コリドラス・クルジエンシス

コリドラス・ゴッセイ

コリドラス・ファインスポットゴッセイ

コリドラス・シミリス

コリドラス・ヘファイストス

コリドラス・オウラスティグマ

などなど。。

こう見ると鼻が長めのが多いのかな?

石村 光資郎博士(理学)の著書「身近な事例で学ぶ やさしい統計学」によると、マデイラ川に生息するコリドラスの平均体長は5.28cm、アマゾン全体の統計が5.0cmということなので平均より大きめのコリドラスが多いことがわかります。

以前は幻のコリドラスと言われていた最大体長4cm程のコリドラス・グラキリス。
私は実は現在繁殖に挑戦しています。内緒ですが笑

ブラジル北西部の中央アマゾン盆地に生息し、パラ州のリオ・ジュリティからアマゾナス州のリオ・マデイラ流域内のリオ・アリプアナンの支流であるリオ・ジュマでも発見されていて、マデイラとアマゾンの合流点は、ジュリティから1000km以上も上流にあることを考えると、このコリドラスは一体どれだけ移動しているのだろうか、水没した葉や枝、酸性のタンニンで染色された水を含む密集した河岸植生を持つ小さな支流にたくさん捕らえられた事を考えると、なんのために細い支流に移動しているのか答えが出てきそうです。

採取地のデータは、温度:18 – 26°C、pH: 4.8 – 7.6 硬度: 36 – 225 ppm
この一見どうしたらいいかわからないようなデータこそにヒントが隠されていますね。

1990年代以降、特にロンドニア州リオマデイラのポルトヴェーリョ周辺では、農地への転換とダム建設により、少なくともその生息地の一部が破壊されました。

 

この川もまた、ダム建設により自然破壊が進んでいるようです。

マデイラ川は、アマゾンで最大かつ最も重要な支流です。ブラジルのアマゾンの約4分の1にまたがるマデイラ盆地は、生物多様性の宝庫であり、ジャガー、巨大なカワウソ、ピンクのイルカ、およびその他の無数の絶滅危種が生息しています。水中では推定750種の魚が毎年約4,500 km移動しています。

消えていく樹木

マデイラのダム

しかし、現在これはすべて脅威にさらされています。ブラジル政府は、マデイラに2つの巨大な水力発電ダムを建設しています。これらのプロジェクトの建設に加えて、上流に2つのダムを追加すると、マデイラは工業用の運河に変わり、アマゾンから大量の資源を移動させるために必要な電力と輸送を提供し、破壊を加速します。このプロジェクトは、南米インフラ統合イニシアチブ(IIRSA)の中で最大のものです。

先住民によるダム建設反対運動

サントアントニオ(発電容量3,150 MW)とジラウ(3,750 MW)の2つの巨大な水力発電ダムが建設中で、総費用は約150億米ドルです。初期建設は2008年に始まりました。

このプロジェクトは労働者の権利侵害によってマークされており、すでに堆積物の輸送と魚の通過を遮断し、川の独特な生物多様性を脅かし始め、数千人の川岸の住人と先住民の土地と生活に影響を与えています。絶滅の危機にある33種の哺乳類の生息地が破壊されます。そして、Amazonの最も重要な支流はもはや自由に流れません。

 

ダム建設反対運動のInternational Riversより抜粋

写真:Soph Archive

毎年8月くらいに水位が下がり、マデイラ川の引き潮の結果、航行の制限が実施されます。このときの水深は3.80 m。マデイラ川流域の水文アラートシステム(SAHリオマデイラ)のデータは、sace.cprm.gov.br/madeira/からアクセスできます。

エコロジーと魚の生物学 リオ・マデイラ

ポルトガル語のPDFですが写真やデータを見るだけでも面白いと思います。

情報が莫大なのでこの辺にしておきます。

by 海

 

Literature cited

Seriously Fish https://www.seriouslyfish.com/species/corydoras-gracilis/

2009 Corydoras gracilis Från: IUCN 2012. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2012.2 . Läst 24 oktober 2012.

Burgess, W.E. (1992) Colored atlas of miniature catfish. Every species of Corydoras, Brochis and Aspidoras., T.F.H. Publications, Inc., USA. 224 p.
Bisby F.A., Roskov Y.R., Orrell T.M., Nicolson D., Paglinawan L.E., Bailly N., Kirk P.M., Bourgoin T., Baillargeon G., Ouvrard D. (red.) (3 mars 2011). ”Species 2000 & ITIS Catalogue of Life: 2011 Annual Checklist.”. Species 2000: Reading, UK. Läst 24 september 2012.

FishBase. Froese R. & Pauly D. (eds), 2011-06-14

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。